蕎麦の魅力 1 そば屋遊楽

兵庫県小野市で営業をはじめて11年目のそば屋。完全自家製粉、生粉打ちそばを提供しています。麺製造業の営業許可を取得、持ち帰りや通販が可能になりました。年末年始は有馬温泉で過ごしたいと思っています。いいだろうな!いっぱい、蕎麦を食べに来てください

ホーム > スポンサー広告 > 蕎麦の魅力 1ホーム > 蕎麦あれこれ > 蕎麦の魅力 1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

蕎麦の魅力 1

何気なくgoogleページランクを確認すると3となっている
インターネットで店の宣伝ができるのではないかといくつかブログを開設してしまったので使い分けをしているつもりだがページランクが違う。毎日書いているところが2、時々のここが3。どうやって決めているのか知らないが嬉しいものだ。ちなみに、1のところもある。公式HPが2.おもしろいものだ。同じなら少しでも多く読んでもらえるところに集中することにした。その他は補足的に書いていきたいと思う。また、公式HPは蕎麦の集大成に育てられたらと思うようになった。問題はHTMLをほとんど知らないこと。勉強しなさいといわれるかもしれませんが、老眼は意外と大変。ぼちぼちやります。

さておき、蕎麦の魅力やそば屋の魅力を書いていきたいと思う。魅力という言葉だが説明が難しい。随分前に魅力とはサムシングsomethingと聞いたことがある。「なにか」とはなんだろうな。魅力とはそんなものかもしれない。具体的に説明しようとしても説明しきれない。そんなもの。もっと言えば多くを語るより一目見たらわかるみたいなものだろう。
では、蕎麦の魅力はなんだろう。新そばの魅力とはなんなんだろう。と考える。うまいと言ってしまえばそれで終わり。いや違う。味だけをとれば蕎麦よりうまい物はいっぱいある。でもうまいというのが魅力だろうか。
先日のこと、賄いはそばを食べる。通常はつゆで食べるのだが、久しぶりに大根汁に生醤油を入れてそばをつけ食べた。うまいのだ。そばの甘味が強調される。恐らく香りも甘いのだろう。というのは、蕎麦の香りというのがわからなくなっている。蕎麦の味と香りが一緒になっているのだろうと思う。毎日蕎麦を打っているからなんだろう。そういえば毎日ぬか床を混ぜていると強烈なにおいはしなくなっている。周りにいる人達は強烈な臭いというのだが。
スポンサーサイト
[ 2008/12/02 20:17 ] 蕎麦あれこれ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
 
手打ちそば 遊楽
兵庫県小野市で営業中
http://www.sobayu-raku.com/


遊楽掲載 ↓↓↓↓
そば打ち道具も販売しています 府中家具
相互リンクでSEO
自動相互リンクNET
プロフィール

へんこつおやじ

Author:へんこつおやじ
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。